育毛シャンプーの真実と毛が生える話題のニナゾルシャンプー

育毛シャンプー

今現在、日本における育毛シャンプーの人気商品は、チャップアップシャンプー、ウーマシャンプープレミアム、スカルプD スカルプシャンプー(オイリー)などありますがこれらは薄毛の進行を弱め、頭皮環境をより良い状態に保ち、育毛剤の効果を十分に発揮できるようにする目的で使用するものです。

薄毛の方はこの育毛シャンプーで毛が生えると思っていらっしゃる方が若干いるような気がしますが、そんなことありませんか?

育毛シャンプーに髪が生えてくるような成分が入っているものは日本では今のところ開発されていません。発毛効果が認められるのは育毛剤に含まれる成分で、ミノキシジルやプロペシアなどが聞いたことあるのではないかと思います。

日本では、水谷豊さんのCMで有名なミノキシジル配合の育毛剤のリアップ5がありますね。

海外では、シャンプーの中にも発毛効果が認められている成分が入っているものがあるのです。

それが、今回紹介するケトコナゾール配合のニナゾルシャンプーです。

ケトコナゾールの効果を認知した男性型脱毛症診療ガイドラインとは?

ケトコナゾール(ketoconazole)は、日本皮膚科学会というところが、「男性型脱毛症診療ガイドライン」として薄毛治療に有効な成分や治療方法をまとめたガイドラインとして2010年に発表されました。

また、最新版では「男性型および女性型脱毛症診療ガイドライン 2017 年版」としても発表されています。

男性型および女性型脱毛症診療ガイドライン 2017 年版

男性型および女性型脱毛症診療ガイドライン 2017 年版

分類は以下の通りとなっています。

推奨度の分類

A.行うよう強く勧める(少なくとも1つの有効性を示すレベルIもしくは良質のレベル II のエビデンスがあること)

B.行うよう勧める(少なくとも 1 つ以上の有効性を示す質の劣るレベル II か良質のレベル III,あるいは非常に良質の IV のエビデンスがあること)

C1.行ってもよい(質の劣る III~IV,良質な複数の V,あるいは委員会が認める VI のエビデンスがある)

C2.行わないほうがよい(有効のエビデンスがない,あるいは無効であるエビデンスがある)

D.行うべきではない(無効あるいは有害であることを示す良質のエビデンスがある)

ただし,本文中の推奨度が必ずしも上記の判断基準に一致しないものがある.その理由は,この分野では国際的にもエビデンスが不足している状況,日本の歴史的背景や特殊事情,さらに診療ガイドラインの実用性も考慮して,委員会のコンセンサスに基づき推奨度を決定した項目があるからである。

Aに当たるのが、「デュタステリド」「ミノキシジル」。

Bは、「アデノシン」。

C1は、「カルプロニウム塩化物」「t-フラバノン」「サイトプリン」「ペンタデカン」「ケトコナゾール」。

C2は、「ピマトプロスト」「ヒラノプロスト」。

となっております。

御覧の通り、ケトコナゾールは育毛レベルの効果が認められている成分になるのです。

 

ケトコナゾールとは一体どんなものなのか?

ケトコナゾールは抗真菌薬で、クリームやローションとして処方されることが多く、水虫(白癬)カンジダ症、皮膚カンジダ症、癜風、脂漏性皮膚炎等の治療薬としても用いられ、また、エイズや、うつ病の治療にも効果があるということで、最近話題を集めています。

ケトコナゾールは頭皮部分では、男性ホルモンであるジヒドロテストステロンの分泌を抑制する効果もあり、発毛の手助けをしてくれるということもわかって来ています。

薄毛の進行がまだそこまで来ていないという人は、このケトコナゾール配合ニナゾルシャンプー一本で様子を見てみるのもいいかもしれません。

 

ケトコナゾールの副作用はある?

ケトコナゾールは、抗真菌薬の効果、頭皮の細菌によるフケやかゆみなどを改善する効果があるということがわかりましたが、果たして副作用はあるのかどうなのか、気になるところですね。

抗真菌薬の効果に優れたケトコナゾールは、使用頻度により頭皮の痒みやかぶれ、頭痛やめまい、胃腸不良などの症状、または男性ホルモンに影響し、精力減退、勃起不全等の性機能の低下などの症状も見られることがあるとされています。

女性が使用する場合は、妊娠中の女性には使用しないように注意が必要です。
抗真菌薬は経口薬として処方される場合もあるのでその場合皮膚からの吸収よりも非常に強いため、処方された通り、用法、用量を守って、何か副作用的なことが起こったら直ちに使用を中止し、早めに医療機関を受診するように努めてください。

このように副作用では気を付けなければいけないことがありますが、ケトコナゾール配合ニナゾルシャンプーにも使用方法がありますので次はそちらを紹介します。

 

ケトコナゾール配合ニナゾルシャンプーの使い方は難しいの?

 

ケトコナゾール配合ニナゾルシャンプーは抗真菌薬で、かゆみ等の炎症を抑える作用があるということですが、使用方法も守らなければいけませんね。

通常なら頭皮に良くないの汗や皮脂などの汚れを毎日のシャンプーケアにより清潔に保つことが当然ですが、ケトコナゾール配合シャンプーに関しては、かゆみなどの症状が出ているときに限り、例えば脂漏性皮膚炎の治療中などのようなときは、最初の2週間は毎日使用するようにして、その後は3~4日置きぐらいに使用するようにと定められています。

実際に使うときは、2度洗いをし、1回目は1、2分頭皮に馴染ませてから洗い流し、2回目は、4、5分頭皮に馴染ませてから洗い流すようにと定められています。

ここで私のやり方ですが、1回目も2回目も手に取ってからシャンプー液を頭に付けるのではなく、洗顔用の泡だてメッシュに液体を5滴ぐらい落とし、そしてその泡立てメッシュを手で揉み泡立てて、そのまま泡立てメッシュごと頭につけて頭皮に泡を馴染ませるというやり方をしています。

3~5滴ぐらいを手のひらに落とす

泡立てメッシュで泡立てて、そのまま頭に付け、頭皮に泡を馴染ませる

 

手に取ってからシャンプー液を頭に付けるやり方だと、泡立てる時に髪が頭皮にこすれて抜けてしまう確率が大きいような気がします。

それはどのシャンプーをするときでも同じです。

泡立てメッシュで最初から泡立てておいて、それをそのまま泡立てメッシュごと頭皮につける方が断然髪が頭皮と擦れて抜けるという心配も半減すると思うのです。

これは私がやっているやり方なのでよければ参考にしてみて下さい。

 

ケトコナゾール配合ニナゾルシャンプーは日本でも購入できるのか?

日本は、ケトコナゾールが医薬品の部類になるのでケトコナゾールニナゾル配合シャンプーは、皮膚科、AGAクリニックでしか処方されず、薬局やAMAZON、楽天市場などでは売られていないのが現状です。

皮膚科やAGAクリニックなんかだと診察料も含むのでお値段もお高くなってしまいます。

欧米では、AMAZONで「Nizoral A-D Anti-Dandruff Shampoo, 7 Fl. Oz」という商品名で、2,957件ものレビューがあり、評価も5点中4.5点という高評価の大人気商品になっています。お値段も13.99ドル、日本円で1,567円と格安で販売しています。

今のところ日本で購入できるルートは、オオサカ堂等の個人輸入代行業者を通じて購入することができます。

個人輸入代行業者といっても全然難しいことなどなく、AMAZON、楽天市場などと同じように気軽にインターネットで購入することができます。

 

今現在オオサカ堂ではクレジット払いは出来ず、銀行振り込みのみとなっております。

料金先払いで、振り込み後、2週間ぐらいで届くような感じです。

海外ルートなのですぐには届きませんが、薄毛の方は日本の高級育毛シャンプーや育毛剤よりも試す価値はありますよ。

あなたの髪の毛がしっかりとした髪に変わるのを想像してみて下さい。

きっと彼女、奥様がびっくりするぐらい喜ぶとと思いますよ。

コメント